管理不要で本物みたい!AOHANAの「オーダー仏花(仏壇用花束)」

常に新鮮なお花を飾る大変さ

お仏壇用のお花は絶えず美しくきれいな状態にしておきたいですよね。

カラカラに枯れてしまったお花や、濁った水のままでは仏様も悲しみます。。

お仏壇に飾るお花は、基本的に持ちのよい菊やユリなどが使われてはいるものの、これからどんどん気温が上がって暖かくなっていくにつれて持ちも悪くなり、管理も大変になっていきます。

お花屋さんが近くになかったり、お世話をしている方の年齢も高齢な方だったりしますと、お花の状態を常に気にかけながら、悪くなったら新しいお花に変えるという作業もなかなか大変なものです。

管理の手間だけでなく、頻繁にお花を変えようとするともちろんですが維持費もかかってきます。

造花の仏花=安っぽい?

最近では、ホームセンターなどで造花の仏花もたくさん売られていますので、一度くらいはご覧になられたことがあるかと思います。

実際に手に取ってみた方、どんな印象でしたでしょうか?

 

もちろん個人差はあるかと思いますが
私が聞いてみたほとんどの方々が、「安っぽくみえる」との事でした。

ホームセンターさんのお花は、(全部見たわけではありませんので絶対とはいいませんが)
私の印象では100円ショップで売られている量産型の造花ですね。

これを一度みてしまうと、「やっぱり造花のお供えはやめようかな」と思ってしまう方も多いのではないでしょうか。

 

【造花専門店AOHANA】の造花との違い

「とりあえず何もないよりはいいかな」
というようなものではなく、仏様の前に飾るお花だからこそ
より本物に近く見える様、お花一本一本を丁寧に束ねて製作しています。

 

もちろん使用する花材も厳選していかにも作り物というような仏花ではなく、
繊細でイキイキとした雰囲気になるよう製作しています。

 

<製作例①>

金額:¥5,500(税込)

使用花材:大輪マム×2、小菊×2、りんどう×1、トルコキキョウ×1、キキョウ×3、トラノオ×1、他

持ち手:ベージュコットンリボンで仕上げています

 

仏花(マムのお供え用花束)

 

<製作例②>

金額:¥8,250(税込)

使用花材:オリエンタルリリー×1、大輪マム×1、マム×1、八重咲クレマチス×1、ベロニカ×2、トルコキキョウ×1、キキョウ×3、小菊×2、他

持ち手:コットンリボンで仕上げています

 

毎月かかるお花代を節約

製作例①のようなお花をお花屋さんで作ってもらうと¥1500~¥2000位が相場かと思います。

冬場など、気温の低い時期であればある程度持ちますが、暖かくなってきますと1週間はまず持たない事がほとんどかと思います。

何とか持ったとしても、当たり前の事ですが購入したときから日々お花の状態は悪くなっていきますので綺麗な状態で飾っていられるのは3~4日程度といっても言い過ぎではないかもしれません。

1週間で新しいものに変えるとなると、毎月かかるお花代は<製作例①>のお花代を超えてしまいます。

造花であれば一度購入すれば暫くはお花にかかる経費を抑えることができます。

 

上手に使い分けを

とは言っても、やはり生のお花の美しさには敵わないのも現実です。

来客のあるときや、法事などの時には生花を飾って、普段使い用に造花を利用するというのもオススメです。
また、常時お花を切らしたくない方でも、万が一お花の準備が間に合わない時用や、お世話をする方が長期間不在の時などにもひとつあると便利ですね。

もうすぐお盆シーズンです。

帰省もなかなか難しい、という方はご実家へ贈るのもいいかもしれませんね。

 

※ギフト配送(ラッピング無料)も承っております。

 

オーダーご希望の方はこちらから↓

オーダーフォーム

※仏花(束)のオーダーは¥5,500(税込)~承っております。
ご予算のご入力の際は¥5,500以上の金額でご指定下さい。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です