お墓参りのシーズン。なぜ「菊」をお供えするの?

そろそろお盆休みに入り、お墓参りに行かれる方も多いかと思います。

当たり前のように準備する墓花には、当たり前のように菊の花が必ず入っていますよね。

今日は「菊」の花についてのお話です。

 

なぜお供えの花に菊を飾るの?

・菊は日本で古くから愛されてきた歴史ある花

菊の花は平安時代に中国から日本に入ってきた花です。それから現在までの間人々に永く愛されてきました。江戸時代には品種改良もすすみ種類も豊富に。この頃から鑑賞用だけではなく、食用としても(食用菊)、絵画や歌舞伎などの芸術の場にも取り入れられるようになります。

天皇家の家紋は菊紋章ですね。菊の花ことばは「高貴」「高潔」「高尚」です。皇室や貴族のイメージで庶民にも愛されてきたことがよくわかります。日本の歴史と歩んできた歴史のある花が菊ということになります。

・なんといっても花持ちがよい

物理的な理由になりますが、やはりお盆のお墓参りは夏の一番暑い時期となりますので花持ちが良いというのは重要なポイントです。菊はつぼみが開ききってからも長く咲いていてくれるので墓花に向いています。

さらに持ちをよくするためには、切り花専用の延命剤が売っていますので水にさしておくとよいでしょう。
また、茎の切り口を石などで少し叩いて潰しておくとお花に水が上がりやすいです。

 

・種類や色が豊富

菊と一口でいっても様々な種類とカタチがあります。

墓花としてよく使われる代表の菊は、大菊・小菊・スプレーマム・ピンポンマム・アナスタシアなどで、色も様々な色があります。大輪の1輪咲きと枝わかれして沢山の花をつけるスプレー咲き、どちらもボリュームがでて華やかさがあります。

 

菊の花の種類

・大菊

大輪の菊の総称。分け方は様々ですが、大体直径18㎝以上になるものをいいます。
墓花にもよく使われています

大菊 白

 

・スプレーマム・小菊

スプレーマムとは花径3~6㎝くらいで、先がいくつかに分岐して多数の花をつけるボリュームのある園芸種の菊。
1970年代くらいに日本に入ってきた西洋菊となります。
小菊は昔から日本に多く流通していた菊で、花径が小さめという以外はスプレーマムと特に違いはありません。
最近では花径が大きめの小菊もあるため、みためにも扱いにも特に差異ははいと言っていいでしょう。

 

・ピンポンマム

コロンと丸い形が可愛い菊。洋花のアレンジメントでもよく使われる菊です。
原産地はオランダでカラーも豊富にあります

 

菊の花の色には意味がある

菊の花ことばは色によってもそれぞれ違ってきます。
菊の花を贈ったりする機会があれば参考にしてみて下さい。

・赤い菊

「あなたを愛しています」 「愛情」

赤い花には愛情を示す花言葉が多いですね。

 

・黄色い菊

「破れた恋」 「禁じられた恋」

明るく元気なイメージの色ですが、花言葉では割とネガティブなものが多いのが黄色ですね・・・

 

・紫の菊

「私を信頼してください」「恋の勝利」

紫は高貴なイメージを持つ色です。昔から格の高い人が身に着ける色なので納得ですね

 

・白い菊

「真実」 「慕う」 「誠実な心」

イメージ通りの花ことばですね。汚れない色、ということでピッタリの花ことばです。

 

 

キク科の花はこんなにある!

キク科は世界で約950属2万種、日本では約70属360種類。

こんな身近なお花も実はキク科の植物なんです。

・ガーベラ

花言葉(全般): 「希望」「常に前進」
科・属名: キク科ガーベラ属
学名: Gerbera spp.
和名: ガーベラ
別名: アフリカ千本槍(センボンヤリ)、花車(ハナグルマ)
英名: Gerbera, African Daisy, Transvaal daisy, Barberton Daisy
原産地: 南アフリカ

ガーベラ 赤

・カモミール

花言葉(全般): 「逆境に耐える」「逆境で生まれる力」
科・属名: キク科シカギク属(別名:マトリカリア属)
学名: Matricaria chamomilla
和名: 加密列(カミツレ)
別名: カモミール、カモマイル、カミルレ、ジャーマンカモミール
英名: Chamomile, German chamomile
原産地: ヨーロッパ、西アジア

カモミール

・ダリア

花言葉(全般): 「華麗」「優雅」「気品」「移り気」「不安定」
科・属名: キク科ダリア属
学名: Dahlia spp.
和名: 天竺牡丹(テンジクボタン)
別名: ダリア
英名: Dahlia
原産地: メキシコ、グアテマラ

ダリア

・コスモス

花言葉(全般): 「乙女の真心」「調和」「謙虚」
科・属名: キク科コスモス属
学名: Cosmos bipinnatus
和名: 秋桜(アキザクラ)
別名: コスモス、大春車菊(オオハルシャギク)
英名: Cosmos
原産地: メキシコ

コスモス

・向日葵

花言葉(全般): 「私はあなただけを見つめる」「愛慕」「崇拝」
科・属名: キク科ヒマワリ属
学名: Helianthus annuus
和名: 向日葵(ヒマワリ)
別名: 日輪草(ニチリンソウ)
英名: Sunflower
原産地: 北アメリカ

向日葵

 

いかがでしたか?

 

今回は「菊の花」についてまとめてみました。

日本ではお供えなどのイメージが強いお花ですが色の種類も豊富で、海外では普通に飾るお花としてとても人気の高いお花でもあります。

普段のお花生活にも取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です